ももかんビューティー〜エステ・コスメ・ダイエットつめあわせ〜

虚弱体質で不健康な三十路・ももかんの、ゆるりと『健康と美』を求めるブログです。ちょこっとずつ自分をキレイにしていきたい人向け。コスメ・エステ・ダイエットなど、美容と健康に関するテーマでお送りします。

【DIY】普通のドレッサーを女優ミラーにリメイク【簡単】

DIY初心者がトライ!後付けライトで普通の鏡を憧れの女優ミラーに簡単リメイク

 

f:id:peach_momocan:20220523173929j:image

 

こんにちは、ももかんです。

 

ミラーにライトが付いているメイクに便利な鏡、人呼んで女優ミラー。

 

私もメイクを趣味とする者として、女優ミラーがずっと欲しかったのですが、

我が家にはすでに10年近く愛用しているドレッサーがありまして。

鏡は、ふつうのライトなしのタイプです。

 

鏡だけ外して女優ミラーを購入する、ドレッサーを買い替える、など検討しましたが、

結婚するときに持ち込んだドレッサーには愛着があるし、

正直なところ、もっとリーズナブルな方法が良い。

 

そんなわけで今回は、

今あるドレッサーの鏡にライトを後付けするDIY に挑戦しました。

 

 

 

Amazonで鏡に後付けできるライトを購入

 

意外とお安い!2000円くらいで買えちゃうよ!

 

ライトだけが欲しかったので、Amazonで検索して購入しました。

 

そのときに1番安いところがAmazonだと思って選んだんですが、今は値段はちょっと変動してるのかもしれないです。

 

 

↑これ。

私が買ったときは、たしか1300円くらいで購入できました。安っ!!

ひと月ほど前には在庫がなかったみたいで、

注文から届くまで半月くらい待ち時間が発生しました。

 

こんなのが届きました

 

ワクワクしながら待ち、こんな感じのライトが到着。

f:id:peach_momocan:20220523190208j:image

 

めっちゃ軽い。

 

入ってるもの

ライト(スイッチとコード付き)

両面テープ×10個ぶん

説明書

f:id:peach_momocan:20220523190239j:image

 

他に必要なもの

アダプター(スマホ充電用のもので大丈夫)

こちらは絶対必要だけど付属してなかったので、古いiPhoneの付属品だったものを使ってます。

 

説明書がぜんぶ英語だよ…

 

海外からの輸入らしいので、説明書がオール英語でした。

f:id:peach_momocan:20220523190226j:image

でも取り付けはめちゃくちゃ簡単だったので、読めなくても大丈夫です。

 

サクッと要約すると、

1.アダプター(スマホとかのやつ)に接続して使ってね

2.両面接着剤でくっつけるよ、

くっつけるところにほこりや油や錆がないように先にキレイにしといてね

接着剤をしっかりくっつけてね

3.ワイヤーは巻き取り式、9〜33センチの間で伸び縮みするよ

4.電気の色や温度が調整できるよ

 

内容はこんな感じ、だと思います。

 

 

ズボラでもできる!後付けライトで女優ミラーDIY

 

というわけで、早速ランプをミラーに付けていきます!

 

まずは、電球の間のケーブルが切れてないか、ちゃんとつながってるかを目視。

それから電源に繋いで、ちゃんと電気が通るかチェック!

 

f:id:peach_momocan:20220523190314j:image

光った!

スイッチで調光や色の選択も、ちゃんとできたので一安心です。

f:id:peach_momocan:20220523190654j:image

 

リモコンで、

蛍光灯っぽい白系のライトと、

白熱灯のような黄色みのあるライト、

光の強さなどが調整できます。

 

普通のミラーに接着剤でライトを貼り付け

 

こちらが今回ライトを取り付けるドレッサーです。

コンパクトでかわいくてお気に入り。

f:id:peach_momocan:20220523190403p:image

こちらの鏡の縁の部分にランプを付ける大作戦。

 

用意するもの

鏡や縁を拭く布とか

メジャー的な長さを測るもの(几帳面な人だけ)

 

 

ランプをなるべくいい感じになるようにレイアウト

 

設置の仕方は、

位置を決めながら、両面テープを鏡に貼っていく

ランプ側にも両面テープがついているので、

剥離紙をはがして鏡に貼っておいたテープに合わせて貼る

 

これだけ。簡単ですね。

 

f:id:peach_momocan:20220523190343p:image

 

分かりやすく上下左右に貼ってみたよ。

これだと上手く10個分のスペースが取れなかったので、後で貼り直しました(笑)

 

ライトの構造は、全部で10個のランプが、一本のケーブルで繋がってます。

メジャーで適当に鏡の縁の長さを測って、それから10等分…

とかは私的にかなり面倒だったので、フィーリング(適当)で。

 

等間隔にしたい場合は、ランプ同士の距離などをしっかり測ったりすると、きれいにできると思います(笑)

 

f:id:peach_momocan:20220526115733j:image

こちらはライトのスイッチと端子。

そして自前のiPhoneのアダプター。

 

スイッチを使いやすい位置(今回の場合は、ドレッサーの右手から出るように)に設置したいなーと考えたので。

スイッチが付いている方のランプから付けていくと上手くいくのかな?と。

それくらいの浅ーい考えで、ペタペタと貼り付け作業。

 

完成品はこちら

f:id:peach_momocan:20220523190647p:image

 

接着剤を貼ったところに、ランプの裏に付いている接着剤を合わせて、しっかり押さえて貼りました。

 

コードの長さもランプ下のソケット部分で巻き取ったり出したりできるので、

お好みの長さに調節しながら付けていきました。

 

うん、良い!

普通の鏡が女優ライト付きミラーに大変身!

 

 

後付けライトの女優ミラーの使い心地など

 

雑な作業でしたが、やってよかった!!!!

 

思ったよりも簡単だったのと、意外とちゃんとした女優ミラーになったので大満足です。

 

コードが見えてるのが嫌!とか、めちゃくちゃ高級感を求める!とかでなければ、

後付けミラーライトで即席女優ライト、

やる価値は超アリだと思います!

 

以上、ミラーライト取り付け大作戦でした♡

 

それではまたね!